お洒落手帖



<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


ハローウィン

 先日、近所の駅前をぶらついているとハローウィンの催しが開催されていました。
まぁ、要するに出店がでて、わいわいしているだけなんですけど。

 で、目についたのがこちら。
b0061376_21103675.jpg
 写真ぼけぼけですね・・・、かぼちゃです。

 私が通りかかった時はもうその催しも終わる頃で、
手のひらサイズのかぼちゃ2個を100円で売っていました。
綺麗な黄色と緑のコントラストに負け、
一つとして同じものがないかぼちゃを
丹念に選んでこの2つをいただきました。

 かぼちゃの定番の形ではないので、
ハローウィンが終わっても飾っていられるかな、と図々しい考えの元、
しばらく我が家のインテリアとして活躍してもらう予定です。


あ、このかぼちゃ、やっぱり食べられないそう。
食べてもいいけど、おなか壊すんだって。
(隣にいたおじさんが聞いていました。
みんな考えることは一緒ねぇ。)
[PR]
by hiroponcafe | 2007-10-31 21:14 | 愛用品々

azukiタンブラー

我が家の小さな小さなキッチンは
食器や調味料で溢れ返っています。
なるべく、キッチンのものは買わないように買わないようにしてきたのですが・・・
最近増えたこのこたち、その名も「あずきタンブラー」。

b0061376_21484472.jpg
 
 近所にあるFrancFrancアウトレットでラスト2つの所を発見し、
色違いや形違いがあったなか、この紫、そして形に惹かれました。
が、発見した当初、お財布がさみしかった私。
キッチンも窮屈なことだし、買うのはあきらめようかなぁと思っていました。
が、1週間以上経っても気になるので、これは買うしかないでしょうと
天からのお墨付きを得たような気分でお買い上げ。
(といっても高いものではありません。。。)

 口に当たるグラスの薄さが何とも言えず、
入れる飲み物は一緒でもちょっとおいしく感じるこのグラス。
実はこのグラスを見たとき、
ライト君(付き合って1年くらいの彼氏さん・人から見れば私と性格がよく似ているらしい)
と一緒に見ていて、このグラスいいよね〜、と言っていたのですが、
我が家にあるのを見て一言。
「これプレゼントしようかと思ったんだけど、
これ以上この家にものを増やすのはどうかと思ってやめた」と。
・・・さすが趣味習性ともにわかってらっしゃるわね。

*****
今日のお夕飯に小豆カボチャを作ろうかと思ったのだけど、
頂きものの小豆缶は缶切りがないと開けられず缶切りがない我が家では断念し、
かといって乾物の小豆を一から炊くのも面倒・・・ということでカボチャオンリー。

丸ごとのカボチャを切る時って、どうされてますか?
私はなるべくレンジは使いたくないのですが、
全く刃が立たないのでいつも軽くレンジで切りやすくなってから切っています。
レンジ以外の切りやすい方法をご存知の方は是非教えてください。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-10-25 22:09 | 愛用品々

祖母の家

 古いものが大好きです。

 母方の祖母の家は
私にとって宝の山。
昔の食器、洋服、雑貨・・・
昭和の香りがぷんぷんするものがたくさん眠っています。

b0061376_19162330.jpg

ガラス障子だってこんなかんじ。
まぁ、今から家を建てようとした場合には
なかなかこのデザインを取り入れようとは思わないでしょうが。
亡き祖父がとてつもなく几帳面だったため
(私は祖父以上に几帳面な人に未だかつてお会いできたことがない)
家の掃除、メンテナンスも行き届いている、古い頑丈な家。
何十年も後から建てた我が家より丈夫そうです。

b0061376_191866.jpg
 祖母の持っている靴も好きです。
靴のサイズが同じならシェアしたいものがいくつか。

 私の家族の中で一番祖母と好みが似ており、
実家に帰る度に髪型やら洋服やらのお話をします。
前回帰省した際は伸びた私の髪を見て
「巻いた方が華やかやけん、巻いてあげるわ。」
と即席祖母美容室が開かれました。
私がおしゃれをしていると喜ぶ祖母、
次に会う時にはどんな服を着ていこうか、
同世代の友人たちと同じように、楽しく悩めるよき相手です。
(ちなみに私の母はおしゃれには興味のない人です。
気は遣うけど、楽しまない、とのお言葉が。隔世遺伝?)
[PR]
by hiroponcafe | 2007-10-23 19:26 |

黄色で思い出すこと

 秋は黄色が多い季節です。
b0061376_21373267.jpg


 そして10月はもうすぐ18歳になる妹の誕生月でもあります。

 私が幼稚園だった頃、ある朝起きるといるはずの父と母がいませんでした。
そして母方の祖母がいて、
「お母さんとお父さんは病院におるよ。無事に妹が生まれたんよ。」と教えてくれました。
その日の幼稚園に持っていくお弁当には
いつものミッキーのアルミ弁当箱の中に
祖母が作ってくれた黄色い卵焼きが入っていました。
これが私の覚えている人生最初の鮮明な記憶です。

 私の母はお弁当に毎日卵焼きを入れていてくれてたし、
祖母にはほぼ毎日会っていたので(祖父母の家が徒歩圏内なのです)
祖母がいる風景は全く不思議ではないはず。
でも、鮮明に覚えているというのは、
よっぽど妹ができたことが嬉しかったのでしょうか。
初めて命というものを身近に感じたのでしょうか。

b0061376_21432648.jpg
 それから18年が経とうとしています。
性格は全く違いますが、同じ家庭で育った、というバックグラウンドは
他の人に変わりようのないものです。
実家にいた頃は、なかなか仲良くできないなぁと思っていましたが、
実家を離れた今、少しずつ距離が縮まってきている気がします。

 いつまでも小さいと思い込んでいる妹。
そろそろ心配して口うるさく言うのはやめようかしらと、心配性の姉は思うのです。
そして、かけがえのない大切な私の妹なんだよ、といつか妹に言いたいと思っています。
・・・そんなこと、素直に言えるのはあと何年後なんでしょうかね。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-10-17 21:49 |

アドレナリン大放出

 演劇をやっている友人にお誘いいただき、
ブレヒト作『三文オペラ』という音楽劇?ミュージカル?を観劇することに。

場所は三軒茶屋の世田谷パブリックシアター。
開演時間より少し早めに友人と待ち合わせして
同じビルに入っている展望レストランでお食事をすることに。
食事を終え、エレベーターで移動している時、
お天気があまりよくなかったのが残念だったのだけど、
夜景も綺麗だったし、よかったね〜と話していると
同じエレベーターに乗っている男性に
「食事、どうでしたか?あんまり高くないですよね?」
と聞かれる。
「よかったですよ、お値段も1000円以下からありますよ。」と答えると
お礼を言っていただき去っていった。
デートに使うのかな?


さて、本題。
b0061376_20521170.jpg
三文オペラ、今回篠原ともえちゃんが出ていると聞き、
シノラーのイメージしかない私は、どうなのかなぁ、と思っていた。(ごめんなさい!)
が、舞台に篠原氏が出て来たとき、あまりのかわいさに唖然。
いやー、本当にかわいいのだ。
役柄にぴったり、そしてなんと言っても衣装が最高。

(ここからは言葉で衣装を想像してみてください。
本当は絵を公開できるといいのですけど、
下手すぎて自分にしか後悔できないような代物でした。。。)

まずは、花嫁衣装。
生成りのフリルをたくさんあしらったヒザ丈のもので靴もちゃんと生成り色。
上に羽織っている薄いベージュのコートもギャザーが所々にあしらわれているもので、
コートの有無でオン(=結婚式のシーン)とオフ(=結婚式前後のシーン)を使い分け。

そして、衣装が変わって、
赤×黒のコーディネート。
黒のタートルネック
二重もしくは三重の長めのネックレス
赤のヒザ丈のラップスカート(裾に白いレースを中からのぞかせている)
黒のタイツ
真っ赤な編み上げのブーツ
という衣装。
そのまま外にも出て行けるくらい普通なのだけど、
舞台でとっても映えていた。

そして終演後のトークショーの衣装は
白地に赤い柄のワンピース
小さなティアラ
真っ赤なウエッジソール
とこれまた赤を取り入れたコーディネート。
ちなみに口調は昔のシノラーのままで、
ちょっと嬉しくなってしまった自分がいました・・・!

 もちろん、舞台自体も素敵で
吉田栄作のエロさに惚れ惚れしたり、脇役の方の迫真の演技に魅了されたり・・・。
私にとってミュージカルは
音楽(歌)、ダンス、衣装と好きなもの三昧なので
至福のときなのだなぁ、と再認識。
そして私にとって洋服は一生アドレナリン大放出する対象なのだろうなぁ、と
実感した一夜だったのだ。

かわいい・・・と目が釘付けだった私だが、
自分のその日の格好を振り返ってみると
黒のタートルネック、真っ赤なワンピース、黒いタイツ、赤のバレエシューズと
舞台で見た赤×黒のコーディネートとそんなに変わりないことに気付いた。
・・・すごいシンクロ。


***
世田谷パブリックシアターにて28日まで講演されているみたいなので
ご興味がおありの方は是非。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-10-17 21:08 |

秋の味覚

b0061376_21595681.jpg
 小さい頃はあまり好んで食べなかったものが、今となっては御馳走。

 私にとっては、秋のご飯である、秋刀魚やさつまいもご飯かも。
秋刀魚は小骨が何となく嫌だったし、
さつまいもご飯は芋がもさもさしている気がすると言ったような
とるに足らない理由。
b0061376_221213.jpg
この日のお夕飯はさつまいもご飯、
秋刀魚三種(塩焼き、生姜醤油のお刺身、カルパッチョ)、新ごぼうを使ったお味噌汁。
さつまいもご飯は玄米にモチキビを混ぜ込むと、
もち米を使ったかのようなもちもちした感触。
あぁ、おいしい。

秋の味覚を堪能できる、私にとっては大人になったなぁと思うひとときなのです。
そんなメニュー、皆さんにはありませんか。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-10-10 22:05 | 食いしんぼ道場

曼珠沙華

 昨年から綺麗な赤を撮りたいと思っている曼珠沙華。
今年も乗り遅れ、たまたま見かけた、
道ばたに生えている枯れている曼珠沙華にカメラを向ける。
道ばたで、コンデジと枯れている曼珠沙華と格闘している私・・・すごいトリオ。

b0061376_16253186.jpg
 大多数の人には
枯れている、あまり興味のないものであるかもしれないけれど、
なぜかこの朽ちた赤い花は私にとっては美しいと感じるものであった。
「美しい」という概念は本当に人それぞれ。
世間の「美しい」基準を超えなくても、
自分の「美しい」基準に恥じない生き方をしたいなぁと
曼珠沙華を見てしみじみ考える私。・・・考え過ぎ?


b0061376_16294666.jpg
b0061376_1630394.jpg

[PR]
by hiroponcafe | 2007-10-08 16:30 | 散策

日本代表対バルサ     で      たこ ぱっ!

 毎度おなじみとなったuif会。
先日はメンバーuさんから「たこ焼き器買ったからたこ焼き食べよう!
ついでにもんじゃも!」
というお誘いがあったので、
メンバーiさん、そして私がuさん宅に集まったという訳なのです。

 uさんの買ったたこ焼き器、
ホットプレートのプレート部分がたこ焼き器になっているもの。
たこ焼きプレートの他、
通常のホットプレートのような平らなプレートもある便利なものでしたので、
もんじゃも食す会となった次第なのです。

 隠し味というか隠し調味料のベーキングパウダーを持参し、いざ調理。
b0061376_176748.jpg

初たこ焼きにてこの丸み!!
なかなかおいしそうじゃありません?(少しこげてますけけど・・・)



 綺麗な丸にすべく、竹串でたこ焼きを黙々と操るお二人。
b0061376_1774514.jpg
 実はこの日、Tシャツを借りようとしたところ、
uさんに出していただいたものが、日本代表のユニフォーム。(確か私は高原。)
iさんも日本代表、そしてuさんはバルサのユニフォームを着用して
たこ焼きパーティーとなりました。
しめにもんじゃも作りおなかいっぱい。
次は、何パーティーにしますかねー?!
[PR]
by hiroponcafe | 2007-10-08 16:11 | 食いしんぼ道場


ときどき日刊「ひいろ」
綺麗な海がある小さな島で
ロングスカートに裸足で
浜辺を歩きたいなぁ。


友人とのお洋服blog
NYとTOKYOのお洒落事情


自分メモ
実行する。
お部屋作り
髪ツヤツヤ
京都マスター
Tシャツ作り
フランス映画観る


撮りたい。

地面
笑顔

行きたい。
ワタリウム美術館
二十一世紀美術館
屋久島
ガラパゴス

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧