お洒落手帖



<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧


えん むすび

b0061376_10265894.gif
 先日、京都の友人にもらったもの。

 あ、ようじやのお守り、かわいいね!と開けてみたところ・・・
えんむすび のお守りでした。
「もう、神頼みしかないと思ってさー。」と友人。
失礼しちゃうわ、と思ったけど、何も言い返すようなことがない自分です。
[PR]
by hiroponcafe | 2006-10-31 10:28 | 愛用品々

わかったさんのシュークリーム

 お菓子作りの「わかったさん」シリーズの本、小さい頃持っていたという人も多いのではないのでしょうか。


b0061376_1183888.gif


 シュークリームを作りました。
シュークリーム=難しいお菓子
という図式が私の頭の中では出来上がっていたのですが、
オーブンにいれて見ると綺麗にシュークリームの形に。
とてもおいしゅうございました。

 シュークリームの作り方はお菓子作りの中でも独特なはず。
そもそもどうやって発明されたのだろう、と調べて見ると、
どうやら偶然だったみたい。
どうやってこの作り方は開発されたのだろう、とか
この起源はそもそもいったい、とか
考えるのが好きです。
[PR]
by hiroponcafe | 2006-10-28 11:11 | 食いしんぼ道場

マンゴー

b0061376_22485727.gif
 夏になるとスタバのマンゴーフラペチーノやらタリーズのマンゴータンゴやら、よくマンゴー飲料を飲む私。
だけど今まで生のマンゴーは食べたことなかった。

 地元の友人、東京に来たら行きたいところといって「タカノフルーツパーラー」をかなり優先順位高く上げていた。
私も気になりつつ行ったことがなかったので一緒に行く。
私はグリーンマンゴーのパフェ。
マンゴーの甘さ、そして果物の甘さとうまい調和をはかる生クリーム。
うまく計算されたパフェだった。
[PR]
by hiroponcafe | 2006-10-26 22:51 | 食いしんぼ道場

ある大学の四季 10月24日 午後5時半

b0061376_22465016.jpg
 その日は一日中雨だった。
天気と気持ちが対応しているかのような
そびえ立つ壁。
[PR]
by hiroponcafe | 2006-10-26 22:47 | ある大学の四季

ある大学の四季 10月22日 午前0時

先輩、友人とこれでもかというほど笑って飲んだ帰り大学へ。


しんと静まり返った深夜の大学には
b0061376_23463133.jpg
 ライトに照らされた葉。

そして
b0061376_2347847.jpg
ずっと続いていて、どこへ向かって行くのかわからないような、そんな道。
[PR]
by hiroponcafe | 2006-10-24 23:48 | ある大学の四季

松山

 旅行の最終日は松山へ。

 うちの実家から車で約1時間半。
坊ちゃんで有名な道後温泉がある。
b0061376_20481377.gif
実は一回も行ったことない道後温泉本館。地元の人はそんなものです・・・。

b0061376_20492217.gif
 松山城は改修工事中。でも、せっかくなので行ってみた。
傘が自由に借りられる。
日よけとしてかなり役に立った。
ちなみに私がさしていた方が、あいあい傘の方。
しばらくの間、気づかずにさしていて少し恥ずかしかったような。

 ロープーウェイ乗り場に可愛い椅子が。
意外な発見。
b0061376_20512835.gif
b0061376_20523364.gif


 松山城の近くには神社も。
b0061376_20532849.gif



 自分の地元に友人が来て楽しんでもらえ、
とっても楽しい旅でした。
cちゃん、また直島&愛媛ツアーしようね。
[PR]
by hiroponcafe | 2006-10-24 20:54 | 散策

西条祭り

 普通一年の節目は正月である。
私の地元の地域では正月ともう一つ・・・それは秋の収穫祭。
2日にわたって、夜も昼も練り歩く祭りなのである。
なぁーんにもない、田舎の地域だけど、
住人達は金木犀の香りがすると、「祭りの時期だねぇ」といい、
小学生は音楽の時間太鼓を渡されると自然と祭り囃子をたたいている、そんな祭り大好きな地域。
大学生になった友人達も正月にも帰らない人でも、
祭りの時は帰る。
かくいう私は祭りを見るのは4年ぶり。
友人達には、「なんで祭りに帰って来んのんー?」といぶかしげな顔をされていた。

b0061376_9471474.jpg
 こんな「だんじり」が77台。
b0061376_948172.jpg
「みこし」が4台。
b0061376_9483628.jpg
昼間のみこしも綺麗だし、
b0061376_949125.jpg
川の土手沿いにずらりと並んだだんじりも綺麗。

 久しぶりに見て驚いたのは、相変わらず提灯に蝋燭を使っていたこと。
蝋燭をだんじりに上って変える姿はなんだか昔の絵図に載ってそうな感じ。
この期間には一升瓶を片手にが普通。
酒を飲んで道路で寝ている人を多数見かけるので
初めて見た友人は「地獄絵図って感じ。」と。
色々治安の面など、問題点はある祭りなのだが、
伝統って残して行って欲しいなぁ。
[PR]
by hiroponcafe | 2006-10-24 09:53 | 散策

高知

 直島に行った日は愛媛まで頑張って行き、実家へ。
実家の周りは本当に何もないところで、
せっかく友人に来てもらったし、ということで
寒風山を通り抜け、高知へ行くことに。

 貝焼きを食べた。
入り江にぽっかり浮いたお店は、波で微妙に揺れていて、
水恐怖症の私としては若干怖い。
b0061376_12485143.gif


サザエとか
b0061376_12503082.gif

長太郎貝とか
b0061376_1251586.gif

長太郎貝とか。
b0061376_12513570.gif
本当に貝三昧。ちゃきちゃき貝を割ってくれたりしたおばちゃんがとってもかわいかった。貝があまりにも元気で(?)たまに爆発を起こすので、それがスリル満点だったのだけど。

 その後は桂浜に寄って、坂本龍馬の像を眺める。
瀬戸内海の人間なので、太平洋の波の荒さに驚いたり。
b0061376_1254393.gif

[PR]
by hiroponcafe | 2006-10-20 12:54 | 散策

直島

 岡山の宇野港からフェリーで直島へ。
途中、電車が濃霧の影響で送れ、1時間半に一本のフェリーに乗り遅れるかとヒヤヒヤ。
同じく直島に行くMasshimoというイタリア人と電車の中で知り合い、一緒に目的地へ。

 直島に着くと白いコーンと草間彌生のカボチャがお出迎え。
b0061376_753107.jpg

 そして現代アートがあるベネッセハウスへ。
館内は撮影禁止なのだが、とにかく海のある美術館。
自然と作品の融合がすばらしい。
b0061376_7542217.gif
 館内でお茶。
東京にも旅行するというMasshimoに、東京を案内するよとメールアドレスを交換。
今日中に大阪に行かねばというMasshimoを送り出した後、
もう一度ベネッセハウスを巡回。
石ころみたいな寝転ぶことができる場所で一時間ほどウトウト。
のんびりし過ぎ?

 野外作品もある。
b0061376_7575049.gif
 こんな緑の中を抜けるとそこには

b0061376_7585071.gif
 草間彌生のカボチャ。
b0061376_759299.jpg

b0061376_7594992.jpg
この作品も素敵だった。このオブジェが作り出す陰、空、すべてが美しい。

b0061376_81222.jpg
 そして風に揺れる3枚の板。この揺れ方が何とも言えないスローさ。癒しである。



 帰りはフェリーで今度は高松港へ。
b0061376_821362.jpg
 コーンがお見送り。夕方になってライトアップされていた。個人的にはライトアップされていない方が好きかな。

 直島はとにかくすばらしかった。
一日しかいられず、とても残念。
また来訪したい島である。
[PR]
by hiroponcafe | 2006-10-19 08:05 | 散策

ただいま

b0061376_2245281.jpg
 久しぶりの帰省。今回は友人を連れて。

 せっかく西日本に来るから、と神戸、直島によって愛媛入りすることに。

 一日目は神戸。
羽田から神戸までは飛行機。8時くらいに着いたので、友人が調べてくれたおいしいパン屋さんで朝ご飯。
b0061376_22474811.gif


b0061376_22481928.gif
 そして徒歩で神戸市内を観光。
b0061376_729344.gif
b0061376_7292758.gif
b0061376_7294453.gif
異人館へ行ったり、中華街に行ったり。夜は神戸の夜景を見るために市役所の展望台に行ったり。

 次の日、岡山の宇野港からでる船に乗りたかったので、夜は岡山に宿泊。
[PR]
by hiroponcafe | 2006-10-18 22:49 | 散策


ときどき日刊「ひいろ」
綺麗な海がある小さな島で
ロングスカートに裸足で
浜辺を歩きたいなぁ。


友人とのお洋服blog
NYとTOKYOのお洒落事情


自分メモ
実行する。
お部屋作り
髪ツヤツヤ
京都マスター
Tシャツ作り
フランス映画観る


撮りたい。

地面
笑顔

行きたい。
ワタリウム美術館
二十一世紀美術館
屋久島
ガラパゴス

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧