お洒落手帖



<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


ビールに焼き鳥、ではなくて

b0061376_1561963.gif
 コーヒーにドーナッツの午後があってもいいと思う。普段、甘い物はあまり口にしないのは、こういう時に優雅な時間になるようにと無意識に考えているからかもしれないと気づく。
 苦いコーヒーと、
 甘い、甘い、でもすっきりとした甘さのドーナッツを片手にしばしのおしゃべりタイム。

 ドーナッツプラントにて。

[PR]
by hiroponcafe | 2006-05-31 01:59 | 食いしんぼ道場

わたしのおねえちゃん

 私には姉がいる。あれっと思った方もいるだろう、妹が一人いるだけではないっけ、と。
 姉というのは幼なじみのこと。血こそ繋がっていないが、徒歩1分圏内に住んでいた年齢が一つ上の彼女、小さい頃は文字通り毎日朝から晩まで遊んだ。運動神経抜群、とっても活発な人気者の彼女の後ろからちょこちょこいつも付いて行った私。彼女に自転車の乗り方も教えてもらったし、妹はおむつまで代えてもらっていた。歳をとるにつれ、少しずつ遊ぶ機会は減ったけど、彼女は私の中ではずっとヒーロー。今でも時々、「久しぶり、元気にしてる?」とメールをくれる、心優しい姉なのだ。この春、大学を卒業した彼女は地元で就職。彼とは遠距離恋愛になり、寂しそうだなーと思っていた。

 その彼女が結婚する。まだ日程は決まっていないみたいだけど、(話し合いしているうちに喧嘩して別れちゃうかもねーと笑っていた!)その話をきいた時、嬉しくって嬉しくって。もうお互いそんな歳なんだな〜と思いながら、気分は小さい時のまま。最近起こった話をいっぱい聞いてもらい電話を切った後、ふいに少し寂しくなった。彼女はずっと一緒にいたい人がこの歳で決められたんだ。幸せの形は人それぞれなことは重々承知だけど、私にはそんな決断は少なくともあと10年は出来そうにない。(というか結婚する気が全くない今日この頃。そんな相手もいないけど。)

見知らぬ土地で彼と暮らして行く決心をした、私の幼なじみに、今夜は乾杯。

[PR]
by hiroponcafe | 2006-05-29 00:01 |

藤田嗣治展 東京国立近代美術館

b0061376_115385.gif
藤田嗣治。好きな画家のうちの一人だ。彼の人生について書いた文庫本まで持っている。
 彼のエピソードは色々書きたいのだが、そんなエピソードより絵を見た方がいいと思う。
百聞は一見にしかず、だ。

 藤田の絵が見られる機会が今、東京国立近代美術館で開かれている藤田嗣治展。今まで日本では公開されていなかった絵画がたくさん。藤田が書く油絵は油絵だと思えないくらいとても繊細で、綺麗な乳白色をだすのだが、実際の絵に触れてわかる透明感に鳥肌が立つ。

 藤田を好きになったきっかけは近代美術館のガイドを聞いてから。無料のガイド(確か毎日やっているはず)なのだが、藤田の絵をとりあつかってお話をしてくれ、それから彼の虜なのだ。人との出会いも絵画との出会いも一期一会だね。

 
 会期は来週の月曜まで。この一週間は多分すっごーく混んでいると思います。日本を追い出されたような形になった藤田も天国で少しは喜んでいることを願って。

[PR]
by hiroponcafe | 2006-05-17 01:12 | 散策

tappp!

b0061376_0271881.gif
 久しぶりのタップの舞台。友人夫婦と一緒にSWING MAN~Dr. Jimmy Slyde~を東京芸術劇場に観に行く。

 最近どうもタップの壁にぶち当たっていた私。今まで出来たことができない、1ヶ月前と、3ヶ月前と比べて全く上達しない、など典型的スランプに陥っていたが、いいパフォーマンスを観るのも一つの勉強、とJimmy Slyde氏を拝みに行く。かなり大勢のメンバーでつくられていた今回の舞台。元StripesのRONⅡさんもいたりなど、なかなか面白かったと思う。軽やかなリズムもいいけど、男の人が踏む力強いタップ音に自分は弱いと再認識。あんなに踏めたら楽しいだろうなぁ、とあこがれを抱きつつ、自分のレッスンに生かせるように次のレッスン日までこのテンションを保っておかねば。

 舞台が終わって、「よかったね〜」と話していると、友人のだんなさんがふと「やっぱり、本人だよ。」と言う。え?なんか有名な人?と目線の先を追うと、StripesのHIDEBOHさんがいた!斜め前に座っていた、ちょっと派手なシャツを着たお兄さんがご本人だったわけなのだ。「髪の毛をやけに気にしている身につけている物が派手な人がいるなーと思っていたんだよ。」と友人。みんなちゃんと周りを観察しているのね。
 舞台の休憩時間、パンフレットを見ながらタップダンサー談義を繰り広げたかったのだが、日本の狭〜いタップの世界、どこに当事者の知り合いが潜んでいるかわからない。軽はずみな言動は慎んでいたのだが、やっぱり大物ですらこんなに身近にいるのがタップダンサー界なのかもしれない。

[PR]
by hiroponcafe | 2006-05-16 00:40 |

密かな楽しみ

b0061376_23371727.gif
 これ、何かわかりますか?

 先日、スーパーである物を買ったとき、レジの方が「根っこが残ってるから、一度使った後も水をやってあげるとまた食べられるわよ〜!」と耳より情報を教えてくれた。そう、ある物とは豆苗。レジの方に教わった通り、水をやる。毎日すくすく成長しているのが見て取るようにわかる。スーパーの方のフレンドリーな接し方に温かみを感じると共に、豆苗がおいしそうに成長していることに心和む今日この頃。ま、もったいないなんて言わないで、もう少し成長したら食べますけどね。

[PR]
by hiroponcafe | 2006-05-12 23:41 | 食いしんぼ道場

魔除け × 2

 みなさん、GWはいかがお過ごしでしたか。
 私のGWは・・・例年とは違いある意味でとてもゆったりした時間を過ごせました。
なぜなら、風邪をこじらせてしまったから。
GW前から調子がおかしいなぁとは思っていたのですが、ここにきて一気に体調を崩し、体調を戻すのに1週間以上かかりました。風邪は単なる風邪と馬鹿にしてはいけませんよ。こじらせると肺炎発生率が高くなりますからね。(経験者談)

b0061376_22353093.gif
 大学のテスト期間中にインフルエンザにかかったり、風邪をこじらせたり、最近どうも体調を崩しやすい私。そんな私に友人より「あまりにもタイミングが悪いからお祓いでもしたら?」という無責任な冗談をいただきました。
 お祓いはいらないけど・・・魔除けなら2つも持っているのです。しかもトルコの。ナザレボンジュと呼ばれる目玉がモチーフのガラス細工。
 魚のペンダントヘッドになっている方は愛知万博のトルコ館で一緒に言った友人とキャーキャーいいながら購入した物。
 そしてもう一つは先日、いつものメンバー、ガラスの心を持った少年uさん、家族同然の付き合いのiさんとトルコ料理を食べた時にいただいたもの。
この日はiさんの内定お祝い会だったのですが、サプライズ企画としてuさんのお誕生日もお祝いすることに。サプライズでお店の人が電気を消してくれながらケーキを持ってきてくれたり、ワインのボトルをサービスしていただいたりなど、とってもあたたかなお店で幹事の私が満足していたところ、お店の人から「これどうぞ。」とこの魔除けをいただいたのです。HPを見ると、女性の方にプレゼントと書いてあるのですが、uさんも男性なのにいただいていました。(お店の方、気を使っていただいて感謝です!)密かな3人オソロで少しだけ嬉しい、乙女な私です。
ということで、かわいいトルコの魔除けさん、効果を期待しております!

[PR]
by hiroponcafe | 2006-05-08 22:48 | 愛用品々


ときどき日刊「ひいろ」
綺麗な海がある小さな島で
ロングスカートに裸足で
浜辺を歩きたいなぁ。


友人とのお洋服blog
NYとTOKYOのお洒落事情


自分メモ
実行する。
お部屋作り
髪ツヤツヤ
京都マスター
Tシャツ作り
フランス映画観る


撮りたい。

地面
笑顔

行きたい。
ワタリウム美術館
二十一世紀美術館
屋久島
ガラパゴス

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧