お洒落手帖



<   2005年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧


パリ3

b0061376_23164077.gif
芸術の都といわれるパリ。確かにその通りだった。パリの美術館は常設展示がこんなにあっていいのかと思うほど、有名な作品がたくさんある。そのなかでもピカソ美術館は一番のお気に入りだった。ピカソ美術館は有名な作品ばかりというよりむしろ素描などが多いのだが、ピカソのお茶目さにやられる。行動がかわいすぎるピカソ。一気に大好きになる。スペインに行くのが楽しみ。
パリでは他に友人の引っ越しに立ち会った。見知らぬ土地での家探し、手続き、本当に大変そうだった。写真右が彼女の部屋。写真左が古いエレベーター。最近の日本のエレベーターとは比べ物にならない。パリのアパートは家具付きがほとんどで、引っ越したその日から住める。でも、自分の気に入らないインテリアだったりしたらちょっと大変。彼女は早速ベッドカバーを変えていた。アメリの舞台にもなったモンマルトルに彼女は住んでいる。おいしいパン屋さんが近くにあるのがうらやましい。パリ最後の夜、モンマルトルの夜景がとても綺麗だったことを思い出す。そして「彼氏と来たいね〜」と言ったことも・・・。
8月22日朝、彼女の家を出てドイツへ向かう。ドイツまでは車。なぜかというと知り合いになったドイツ人が家に泊めてくれると言うから。どんなことになるのか不安で仕方ないパリ出発だった。
b0061376_23275842.gif
                次はドイツ。
[PR]
by hiroponcafe | 2005-01-31 23:27 | 旅 2004ヨーロッパ

おやすみ〜の香り

b0061376_1572855.gif冬になると困ることがある。それは手足のカサカサ。足は真っ白になるほど乾燥がひどいし、肘はかゆくて仕方がない。その乾燥対策として出てくるのがTHE BODY SHOPのBODY BUTTER。その中でも超乾燥肌用のマンゴーがお気に入り。マンゴーの香りがとても好きで愛用している。ちなみにTHE BODY SHOP、容器の回収もしている。確かポイントもつくはず。
[PR]
by hiroponcafe | 2005-01-31 15:13 | 愛用品々

それって本物?!

b0061376_0204592.gif何年か前まで夏はほとんどTシャツだった。汗の吸収力もばっちりで洗いやすい。
前ほどはTシャツを着なくなった今、タンスの中には昔のTシャツがぎっしり。ほとんどがダンス用となっている。
この前、ダンスの時にカブトムシのTシャツを着てた。「あれ〜カブトムシついてるよ!」とみんなにからかわれながらも、リアルなカブトムシのTシャツはお気に入りの一つ。右下の黒のTシャツは香港で買った。左下はレインボーがお気に入りでいつも着てたらかなりくたびれている。いろんな思い出がこもっているTシャツ。くたびれてきてもなかなか捨てられない。
いい再就職先があれば教えてください。

[PR]
by hiroponcafe | 2005-01-31 00:29 | おされ

パリ2

b0061376_18242336.gif
8月14日(日記より)
 今日はシャルトルへ。ユリちゃんとモンパルナスから列車で1時間ちょっと。切符がなかなか買えないし、刻印する場所もわからなくて苦労した。パリで働いている人は日本と比べると感じが悪くて当たり前。だから親切な駅員さんに少し嬉しくなる。
 シャルトルはノートルダム大聖堂がある場所。ノートルダム大聖堂は世界遺産。図書館で世界遺産の本を眺めていたあたしとしては絶対行きたいところであった。そこで語学学校で一緒のユリちゃんと一緒に行くことに。
 シャルトルに着き、一人でうろうろしている時、少し怖い目に遭う。斜めがけしていたバックをひっぱられた。バックを盗まれたらダメージは大きい。気をつけなければ。
 大聖堂の前のインフォメーションにかなり日本語のうまいフランス美人がいてびっくり。かなり拍子抜けしてしまった。
 大聖堂は片側のステンドグラスに網がかかっていたのだ残念だった。ステンドグラスの青がとても綺麗。幻想的な世界。青空の中に届かんとする大聖堂。何を考えながらこれを作ったのだろう。
 その後ピカシェットの家に行く間にパリ近郊のなかで自己ベストプレイスを見つける。旧市街地。家も、橋も、すべてがいい。昔の自分だったらもっと好きだっただろうと思われる町並み。小学校のときの自分に見せてあげたかった。
 ピカシェットの家(Maison Picassiette)はある男の人が33年かけて自分の家を食器の破片で装飾したもの。元々彼が住んでいた家だ。日本のオンナノコが見たら「きゃぁ〜かわいい!」と連発するであろうスポット。男性がつくったとは思えないなぁ。
 帰りはぐっすり寝てた。
 夜は同じ寮にいるアヤさんの部屋で12時くらいまで話す。今日はアヤさんが洗濯をする日であたしの洗濯物も混ぜてくれた。感謝。元美容師だったアヤさん、テレビにもたくさんでている某カリスマ美容師の話を聞く。才能ももちろんあるけど勉強家らしい。どの世界でも才能がある人はその分努力もしている気がする。


次回はパリまとめ編。
[PR]
by hiroponcafe | 2005-01-27 18:45 | 旅 2004ヨーロッパ

秘密の部屋

b0061376_1785363.jpgある友人と一緒にANAを利用すると入れる場所がある。それはラウンジ。友人の父親がANAを使う機会が多く、その関係で彼女はANAのプラチナカードを持っているから。同伴者もラウンジでお茶をしたりして出発までの時間をゆっくり過ごせる。さすが空港会社。うまいこと優良顧客の差別化を行ってるなぁー。その友人、ANAのフライトアテンダントになりたいらしい。応援してますよ〜!
[PR]
by hiroponcafe | 2005-01-26 17:16 |

トルコのお土産

b0061376_063562.jpg年末トルコに行っていた友人からお土産をもらった。お茶セット。透明とゴールドのコントラストがとても可愛くて、お気に入りアイテムの一つとなりそう。これでお茶を飲むのもいいけれど、アクセサリー入れにしたらかわいいかなぁ〜なんて考えたり。トルコのお茶ってどんな味なんだろう・・・異国情緒あふれたパッケージにわくわくです。
[PR]
by hiroponcafe | 2005-01-26 00:09 | 愛用品々

魅惑のディズニーランド

b0061376_2316505.gif去年、高校のときの友人4人が東京に遊びに来た。その時、マグカップとチョコレートのお菓子をプレゼントしてくれた。お菓子の缶は何に使おうかな〜と悩みつつまだ使っていない。
あたしはディズニーのキャラにあまり興味がない。が、ここは友人。あたしにも使いやすいよう(!!)シンプルな柄を選んでくれたよう。黄色と黄緑のカラーも素敵。もらったことだけでも嬉しいのにそんなことまで考えてくれて、使うたびに幸せだな〜と思う。ありがとね。

[PR]
by hiroponcafe | 2005-01-24 23:22 | 愛用品々

面白い本

b0061376_22222457.jpgあたしの読書熱には波がある。一日5冊読む時もあるし、1ヶ月くらい1冊も読まない時もある。一人暮らしを始めてからお金も置き場所もないこともあって図書館で借りる方がかなり多い。
最近読んだのは『誰にも聞けなかった 値段の秘密』、『図説 アマゾン 大森林の破壊』。
値段の秘密はレストランで同じ物がディナーよりランチの方が安いのはなぜか、など題名の通り値段の秘密が盛りだくさん。へ〜そうなんだ!という日常のなぜ?が解決される。アマゾンはその名の通り。人間の自然の共存ってこうも難しい物なのかと考えさせられる。この二冊、友人がいらなくなったものをいただいた。自分ではしないようなセレクト(特にアマゾン)だったので、感謝している。

[PR]
by hiroponcafe | 2005-01-23 23:25 |

手作りピッツア

b0061376_0195631.jpg今日の晩ご飯。前々から作りたかったマルゲリータ。生地から作る。上のソースを乗せる前に生地だけで焼くと少し石釜に近づく(気がする)。マルゲリータはシンプルなだけあり奥が深い。他のメニューはアボガドサラダ、ボンゴレビアンゴ。
b0061376_024225.jpgデザートにはレアチーズケーキ。実は下のタルト生地にかなりの時間が割かれた。ヨーグルトを入れずに作ったので濃厚な味。というか濃厚すぎた。一切れで十分。
友人と二人で作って食べて話して長い夜でした。

[PR]
by hiroponcafe | 2005-01-23 00:25 | 食いしんぼ道場

グラタンが食べたくて

b0061376_20265340.jpg昨日の夜からグラタンが食べたくて仕方がなかった。ごちそうのいいわけのダイエット・メニューを見て牡蠣とほうれん草のグラタンに決定!ホワイトソースが少なめになってしまったがまずまずおいしくできました。カロリー計算というわけにはいかないけど・・・。バゲットと野菜たっぷりスープとあわせていただきま〜す!
[PR]
by hiroponcafe | 2005-01-21 20:29 | 食いしんぼ道場


ときどき日刊「ひいろ」
綺麗な海がある小さな島で
ロングスカートに裸足で
浜辺を歩きたいなぁ。


友人とのお洋服blog
NYとTOKYOのお洒落事情


自分メモ
実行する。
お部屋作り
髪ツヤツヤ
京都マスター
Tシャツ作り
フランス映画観る


撮りたい。

地面
笑顔

行きたい。
ワタリウム美術館
二十一世紀美術館
屋久島
ガラパゴス

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧