お洒落手帖



カテゴリ:他( 92 )


アドレナリン大放出

 演劇をやっている友人にお誘いいただき、
ブレヒト作『三文オペラ』という音楽劇?ミュージカル?を観劇することに。

場所は三軒茶屋の世田谷パブリックシアター。
開演時間より少し早めに友人と待ち合わせして
同じビルに入っている展望レストランでお食事をすることに。
食事を終え、エレベーターで移動している時、
お天気があまりよくなかったのが残念だったのだけど、
夜景も綺麗だったし、よかったね〜と話していると
同じエレベーターに乗っている男性に
「食事、どうでしたか?あんまり高くないですよね?」
と聞かれる。
「よかったですよ、お値段も1000円以下からありますよ。」と答えると
お礼を言っていただき去っていった。
デートに使うのかな?


さて、本題。
b0061376_20521170.jpg
三文オペラ、今回篠原ともえちゃんが出ていると聞き、
シノラーのイメージしかない私は、どうなのかなぁ、と思っていた。(ごめんなさい!)
が、舞台に篠原氏が出て来たとき、あまりのかわいさに唖然。
いやー、本当にかわいいのだ。
役柄にぴったり、そしてなんと言っても衣装が最高。

(ここからは言葉で衣装を想像してみてください。
本当は絵を公開できるといいのですけど、
下手すぎて自分にしか後悔できないような代物でした。。。)

まずは、花嫁衣装。
生成りのフリルをたくさんあしらったヒザ丈のもので靴もちゃんと生成り色。
上に羽織っている薄いベージュのコートもギャザーが所々にあしらわれているもので、
コートの有無でオン(=結婚式のシーン)とオフ(=結婚式前後のシーン)を使い分け。

そして、衣装が変わって、
赤×黒のコーディネート。
黒のタートルネック
二重もしくは三重の長めのネックレス
赤のヒザ丈のラップスカート(裾に白いレースを中からのぞかせている)
黒のタイツ
真っ赤な編み上げのブーツ
という衣装。
そのまま外にも出て行けるくらい普通なのだけど、
舞台でとっても映えていた。

そして終演後のトークショーの衣装は
白地に赤い柄のワンピース
小さなティアラ
真っ赤なウエッジソール
とこれまた赤を取り入れたコーディネート。
ちなみに口調は昔のシノラーのままで、
ちょっと嬉しくなってしまった自分がいました・・・!

 もちろん、舞台自体も素敵で
吉田栄作のエロさに惚れ惚れしたり、脇役の方の迫真の演技に魅了されたり・・・。
私にとってミュージカルは
音楽(歌)、ダンス、衣装と好きなもの三昧なので
至福のときなのだなぁ、と再認識。
そして私にとって洋服は一生アドレナリン大放出する対象なのだろうなぁ、と
実感した一夜だったのだ。

かわいい・・・と目が釘付けだった私だが、
自分のその日の格好を振り返ってみると
黒のタートルネック、真っ赤なワンピース、黒いタイツ、赤のバレエシューズと
舞台で見た赤×黒のコーディネートとそんなに変わりないことに気付いた。
・・・すごいシンクロ。


***
世田谷パブリックシアターにて28日まで講演されているみたいなので
ご興味がおありの方は是非。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-10-17 21:08 |

薔薇

b0061376_17183767.jpg
 高校時代の友人が青年海外協力隊としてエチオピアに行くと決まったそう。
いろいろエチオピアのことを調べているとなんだかとってもエチオピアに親近感が湧いてきたり。

 エチオピアにはティータイムならぬコーヒータイムがあるらしく、
数時間かけて家でゆったりコーヒー豆を煎るところから始めてコーヒーをいただくそうです。
日本ではコーヒーアディクト、
でも時間に追われてコーヒーを流し込むことが多いという方は少なくないと思いますが、
コーヒータイムのような時間の使い方も真似したいものです。

 写真はエチオピア産のバラ。
薔薇といっても細い茎ではなく、
とてもしっかりとした太い茎でアフリカの地を少しだけ感じました。

生まれ育った土地の息吹がしっかりついた、習慣だったり植物だったり
そういうのを感じる瞬間、ほっこりした幸せに包まれます。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-09-23 17:27 |

淡い 青春?

 部屋のシェイプアップをすべく、
物を極力減らそうと、お片づけをしていた最中。
こんな物が出てきました。
b0061376_153950.gif


思い出はさっさと捨てるに限る?
[PR]
by hiroponcafe | 2007-08-14 01:23 |

広島にて

 確か広島へ行ったのは小学校の修学旅行でだ。
そのときは、宮島と、原爆ドームと、あと呉ポートピアランド。
それ以来、実家のある愛媛から近いものの、行く機会がなかった広島。
そんな広島に最近親近感を覚えている。


 15年来の幼なじみである友人が広島にて結婚式を挙げた。
どうやら彼氏さん、もとい旦那さんの出身が広島で、
広島での生活を始めることに決まったよう。

 結婚式前日にあった時も私から見る限りではいつもと変わらず、
当日も持ち前の明るさで場を盛り上げていた彼女。
小さい頃から知っている友人だけに感慨もひとしおで
ずっと目に涙をためたまま、友人の綺麗な姿を見ていた。

 そんな涙目でカメラのファインダーをのぞいてたわけなのだが、
せっかく写真もまとまった数ができたことだし、
ずっと使ってみたかったサービスを使ってみることに。
ご存知の方も多いであろうphotoback
注文してから一週間ほどで届いたりと、なかなかスピードもよく、便利。
昨日届いたので早速友人の家へ郵送。
そして自分用にもいい思い出の1冊として。

 いつまでもお幸せに。
b0061376_22401450.jpg

[PR]
by hiroponcafe | 2007-03-31 22:40 |

サプライズ その後

 ある日uさん(永遠の少年・ナイーブな23歳)から電話が。
「俺、4月から香港勤務なんだけど!」
話を聞いているとどうやら悪い話ではないみたいだけど、
本人はあまり日本を離れたくない様子。
「そこで相談なんだけど3月のuif会、俺の送別会もかねてよ、みんな呼んでさ。」
uif会とはゼミで仲良くなったuさん、iさん(最近面白さが格段に増して来ている気がする友人)、f(私)で構成され、
たまに飲んだり、誕生日会をやったり、という集まりなのだ。
3月のuif会は私の誕生日会だったのだが、
急遽uさんには秘密で共通の友人であるゼミの人たちに連絡。


 そしてuif会当日11日。
久しぶりに会う人も多く、楽しいひとときだった。
ケーキも出してくれたし、はっぴーばーすでー歌ってもらえたし。
b0061376_231283.gif


 でも・・・でも・・・
あんなに「uさん、香港か〜寂しくなるなぁ」と言いながら、
密かに香港旅行計画を既に立てていたのに!
uさんの香港行きがなくなったことをサプライズ当日知ったのでした。
みんなからはブーイングの嵐!
iさんの粋な取り計らいで用意されていた
「いってらっしゃい!uさん」のケーキの文字がくすっと笑っていました。
数年後にはかなりいいネタになることでしょう。

b0061376_27513.gif
 そしてuさん&iさんから誕生日プレゼント!
ピアスホールを開けていない私にぴったりの
イヤリングです。
ピアスっぽく見えて、上品につけられそう。
大人の女目指します!



 ということでめでたく3月10日で22歳になりました。
誕生日当日に着くようにメールやお手紙やプレゼントを送ってくれたり、
いろいろお祝いしてくれた友人たちありがとう。
こうやって周りの人に恵まれている私は本当に幸せです。
 誕生日当日は美術館に行ったり、のんびりしてました。
その話はまた後日。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-03-14 02:10 |

恒例 uif会

uさん:ジャニーズ系のマスクとガラスの心を持つ永遠の少年。23歳。某おもちゃ会社勤め。
iさん:美しい顔とは裏腹に私のストライクゾーンな話をしてくれる美女。
fさん:わたくし。

というメンバーで構成されているuif会。
活動は主にお食事、たまに花火大会等の季節行事におでかけします。

さて、今回のuif会。近々iさんのお誕生日なので
こそっとuさんと相談し、お祝いすることに。
uさんの華麗な包丁さばきにより鍋の準備をしつつ、
時間との戦いでケーキをデコレーションしたり。
b0061376_2335718.gif
私が豪快にデコレーションしたせいで文字を書くスペースがなくなり「23!」としか書けませんでした。
そして、買ったろうそくは20本しかないという適当さ。
ごめんね、私こういうところかなりおおざっぱなAB型。
(iさん、uさんはちゃんと気にしてましたよ!)
そんな計画性のないケーキでしたが、喜んでもらえたよう。
こっちもうれしくなりますね。
プレゼントのリングも渡して、楽しい一夜となりました。

iさん、よい23歳を。
[PR]
by hiroponcafe | 2006-12-12 23:06 |

書く。

 小学校3年から始まる書道の時間に
初めて筆を持ったら
あまりにも自分の字が下手で許せなかったから。
 私が書道を始めたきっかけだ。

 気がつくと、もうかれこれ4年くらいまともに墨をすっていない。

b0061376_1303085.gif
 久しぶりに書道道具が入っている木の箱を開ける。
これは高校の入学祝いに通っていた書道教室の先生からいただいたもの。
開けるといい墨の香り。

 久々にきちんと正座し半紙に向かう。
高校の時は毎週書いていた仮名文字。
今は忘れてしまって読んで意味を理解することすら難しい。
高校のとき使っていたお手本を取り出してみて
漢字、仮名ともに練習してみる。
b0061376_135565.gif


 字を書く。
それは大人になればなるほど深みがでてくる。
歳を重ねるのが楽しみな一つの理由は、文字だ。
[PR]
by hiroponcafe | 2006-11-04 01:37 |

あと数時間後には・・・

 本日から西日本へ行ってきます。
あと数時間で飛行機の時間。
飛行機の出発時間が早すぎて、我が家からは始発が出ておらず、
東京タワーが見える友人宅に宿泊中。

 今回のお供はレスポのドット柄のボストンバッグ。
写真を撮ったはいいものの、あまり可愛く撮れなかったので、
友人宅に会ったMARIEちゃん柄のキャリーバッグを撮ってみた。

 それでは、旅に向けておやすみなさい。

b0061376_191723.jpg

[PR]
by hiroponcafe | 2006-10-12 01:09 |

RESOLUTION OF MY TAP 熊谷和徳

 2年ほど前、タップの公演を青山円形劇場に観に行った。
その頃、ちょうどタップを始めようか迷っていて、
多分、これを見たら感動して私もできるようになりたい、
そう思うのではないのかと、
少し打算的に公演を観に行った。
確かにその公演はすごかったのだけど、
私にとってそれ以上でもなければそれ以下でもない、何とも優等生的な答えしかだせなかった。
それが熊谷氏との出会い。


 その後すぐ、そんなに感動もしなかったくせに
タップを始めた私。
熊谷氏のことは最近いい感じなんだな〜と公演情報等を見て、
またしてもそれ以上でもそれ以下でもない感想を持っていた。

 でも、つい先日、ブログを発見。
Hoofin' Is My Music Dance 4 Freedomという熊谷氏のブログ。
そこに昨日行われた公演のことが書かれており、活動拠点をNYに移す前の最後の公演とのことで、観に行くこととなった。

 そして昨日。
最初から最後まですばらしかった。
2階席だったが、その距離を忘れるほど惹き付けられた。
とってもいいタップの音で、
やっているステップは理解できるのだけど、
どうやったらこんなにいい音が出るのか、
こんなにいい動きができるのか、想像もつかない。
最近いつも着ているという(ダンス仲間情報)赤のサルエルと赤のネックレスも素敵だったし、
最後に来ていた白のジャケットもよく似合ってた。
アンコールでは客席の中に板を持ってきて踊ってくれ、
もう大満足。
終わってしばらくしても頭の中は
ステージのことだらけ。
こんなに大満足の、惹き付けられるライブは滅多にない。
2年前の自分と、今の自分。
そして2年前のステージと、今のステージ。
きっと大幅に変わったのは私の見る目、なのだろうけど、
いい時間を過ごせて本当によかったと思うとともに、
「縁」のある物は一度逃していたとしても
また適切な時期に「縁」でつながるのかもしれない、と感じた。
[PR]
by hiroponcafe | 2006-10-10 20:47 |

価値観 とか

 毎日、楽しく過ごしているつもりでも、心の奥底に何かひっかかるものがあったりして、
ちょっとしたことですぐ落ち込んだりとかする時がある。

 例えば、ひとづきあい。
最近の私は人それぞれ価値観があるから、
他人に過度の期待はしないでおこう、と。
それは、価値観という名前に身を隠して
自分が傷つきたくないだけなのだけど、
それを直接的ではないにしろ、
誰かに指摘されたりすると尚のこと、自分の殻にとじこもってやるー!と思ったり。
最近自分の内へ籠り気味。
友人に「いやー、暗いよ、おまえ!だいたい、消しゴムはんこなんて一人で家で作ってるからだよ!(注:最近消しゴムはんこに燃えてます。)」
と真顔で言われたので
外に引っ張りだしてもらおうと思います。


 さて、そんなうっとうしい気分の時には、
「お洒落をする」のがいい気分転換と以前書いたけど、
お洒落をする気すら起きない、服なんてどうでもいいやーというときへの最終手段。
下着です。
気分転換に下着を全部新しいものにするっていう女優さんもいるくらいだしね。
人それぞれ好みがあると思うけど、
ふりふり♪とかより、絵が書いてあったりするかわいい感じの物の方が好き。
(↑男受けがいいのは前者なことは重々承知だ。)
b0061376_10455748.gif
最近、買ったのはune nana coolというどちらかと言うとサブカル好き女の子が好きそうなところのもの。
安くって、つけ心地よくって、可愛くて、サービス満点。
毎日使う物だからこそ、自分の好きな物を身につけたい。
大幅な気分転換にはならないけど、着替えのとき少しだけ気分が上向きになる、そんなアイテム。
[PR]
by hiroponcafe | 2006-10-04 10:51 |


ときどき日刊「ひいろ」
綺麗な海がある小さな島で
ロングスカートに裸足で
浜辺を歩きたいなぁ。


友人とのお洋服blog
NYとTOKYOのお洒落事情


自分メモ
実行する。
お部屋作り
髪ツヤツヤ
京都マスター
Tシャツ作り
フランス映画観る


撮りたい。

地面
笑顔

行きたい。
ワタリウム美術館
二十一世紀美術館
屋久島
ガラパゴス

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧