お洒落手帖



カテゴリ:散策( 106 )


太郎さんと一平さん

 去年の秋くらいから計画していた、多磨霊園散策。
ついに実行しました。(といっても1ヶ月以上前のお話です。)

 多磨霊園散策のメンバーは歴史の人物のお墓を訪れ故人と対話をするのが好きな方、
そして私。
事前に自分の行きたいお墓の番地を調べておいて、
広い広い多磨霊園内を散策してきました。

 高橋是清、東郷平八郎、仁科芳雄・・・自分たちの気になる人との
対話を楽しみながら、私の一番楽しみにしていたのはこの方。
b0061376_2304920.gif

岡本太郎。
b0061376_2385898.gif
そして父一平。
母かの子さんの写真はあいにくなし。

岡本太郎は父のお墓を創り、
自分のお墓を創り(制作時点ではもしかするとお墓用には創っていなかったかもしれないが)、
そして今はその下で眠っている。
そう考えると感慨深いと思った、ある週末の一日でした。

 多磨霊園、涼しくなった秋頃に行ってみてはいかがでしょうか。
歴史が眠る多磨霊園
↑個人の方が作ったとは思えない情報量のサイト。尊敬します。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-06-25 23:15 | 散策

夏に向かって

 普段、ヒールの高い靴を履かない友人。
その友人が、スーツを着なければ行けない日、
帰りにどうしても我慢ができなくなって、
靴を脱いで裸足で帰った。
その時の、アスファルトが雨にぬれている感触が
とてもよかった。

私が靴擦れを起こしたとき、
高いヒールに疲れた時、
その友人の言葉を思い出し、
その友人が手に靴を持って夜の道を歩いている姿を想像し、
微笑ましく思いながらも
自分には到底まねできないことだ、
と我慢しながら歩く。

 その友人が似合いそうな公園。
 
b0061376_0453712.jpg
いつも通り慣れた道なのだけど、
桃源郷のようだなとふと思ってカメラを出す。
b0061376_0455040.jpg
普段見慣れたものを違った角度から見るって
なかなかできないけど、
そんな新発見が大好きだったり。


b0061376_0403563.jpg
車輪と芝生がよく似合う。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-05-25 00:47 | 散策

 定番となったuif会。
今回の会場はuさんセレクト。
なんと言ってもuさんのおごりですから!

 連れて行っていただいたのは
渋谷駅から少し歩いた場所にある
落ち着いたお店。
葱中心の居酒屋さんです。
b0061376_10295634.jpg

あまーい葱をシンプルに焼いた物や、
もつ鍋やらとり鍋やらいただきました。

 その日のお題は4月から新入社員となったiさんのお仕事、
そして部署が変わったuさんのお話。
人が新しい環境に踏み入れた話はきいているだけで勉強になったり。

 そんな風に楽しい時間が流れていましたが、
最後にuさんから宿題。
「(とってもおいしかった鶏鍋の)タレを次回のuif会までに中身を解明しておくこと!」
お店のようにはなかなか行かないと思うけれど、
ちょっと頑張ってみようかしら。



 お気に入りのお店になりました。
葱や平吉 宇田川
東京都渋谷区歌川町36−18
[PR]
by hiroponcafe | 2007-04-28 10:29 | 散策

まわり道は心のオアシス

 ここは多摩。緑の住宅街の中にモノレール。

 最寄り駅がモノレールの駅、という場所に用事があって
モノレールに乗る。

 用事を終えて帰ろうと電車に乗っていくつか駅が過ぎ・・・
あれ、着かないと気がついた私は反対方向の電車に乗っていたのでした。

 あぁ、しまったなぁと思って引き返すべく電車を降り
目的方向の電車を待つべくベンチに座ろうとすると
モノレールと緑の住宅街の共存した風景が。

b0061376_19315958.jpg


一期一会とはこのこと。
きっと、この駅に寄ることはこれからもないだろう。
まわり道も悪くないかな。

b0061376_1940274.jpg


といいつつ、明日もモノレール。
乗り間違えないようにせねば。。。


 最近あったいいことをいくつか。

○疲れきって電車に乗っていると電車のアナウンス。
 「今日も一日ご苦労様でした〜。」こういう気のきかせ方、好き。
 疲れがふっとぶ・・・までは行かないけど、嬉しくなる。

○図書館で勉強していた高校生の女の子。
 彼氏が来た時、とびっきりの笑顔になる。
 きっと勉強も大事な人がいれば頑張れる?

○駅に向かって猛ダッシュをしている女性。
 駅前では選挙の立候補者が挨拶をしていて、歩行者に手を振っている。
 が、振り返る人はいない。
 女性は猛ダッシュをしつつも、立候補者に向けて大きく手を振る。
 そう、挨拶はやっぱり大事だからね。

○今日の洗濯物。
 久しぶりに日中に取り込んだのでお日様のにおい。
 タオルを使うのが楽しみ。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-04-21 19:45 | 散策

 この前の週末は天気がよくて絶好のお花見日和だったのではないのでしょうか。

b0061376_125223.jpg


 桜を見に、正確には桜の下でご飯を食べに(!)近所の公園へ。
家族連れがご飯を食べながら子供はボール投げをしていたり、とのほほんな空気に包まれつつ
買って来たホットドッグをほおばる。

b0061376_1255370.jpg
 私は葉桜が混じった頃の桜が好き。
淡いピンクと綺麗な緑のコラボがとっても春らしい。

 毎年散り行く桜を見ると、儚いなぁと思い
四季を感じられる日本に生まれて幸せだなぁと思う。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-04-11 12:08 | 散策

NYと雪

 マンハッタンにあるセントラルパーク。
芝生に寝転がって本を読む、そんあイメージがあるのだが、
冬にそんな想像をするのは日本でも間違っている。

 寒いNY。メトロポリタン美術館から見たセントラルパークはこんな感じ。
b0061376_1533337.jpg
雪を見慣れていない私は真っ白な公園って今ひとつピントこないのだけど、森を見ている気分。

b0061376_1545456.gif
黒と白のコントラスト。

b0061376_1553032.gif
変わった形のトンネルをくぐり抜けると

b0061376_156261.gif
赤と白のコントラストに出会いました。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-03-10 01:56 | 散策

寒い 寒い

b0061376_192864.jpg
 NYに行ってきました。今回の旅のテーマは「芸術」。美術館やミュージカルをたっぷり堪能しようというテーマです。

 初めて降り立ったNY。今年は暖かいと聞いていましたが、私たちが行ったときはそんなことは全くなく、とても寒かった。愛媛出身、現在東京在住の私にとって初めて体感する氷点下は想像通りつらかったです。でも、それ以上にいろいろなものを見て聞いて感じて、それを共有できる人がいることをすばらしいと感じた旅行でした。

 少しずつ紹介して行くと思いますが、とりあえず、外を眺めている友人の写真でも。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-02-24 01:14 | 散策

今から

b0061376_12401520.jpg

今日から1週間ほどNYへ。いつものメンバーiさんとです。今回いつもにもましてドタバタしてますが、これからは一緒になかなか旅行に行けなくなるのかなぁと思うと少しだけ感慨深い旅になりそうです。今成田に向かってる途中。
写真は今日の朝焼いたチョコレート&クリームチーズバウンドケーキ。バレンタインだからね。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-02-14 12:40 | 散策

エスティマに揺られて弓ケ浜

 よく考えたら家族をのぞいて3人以上で出かけることがほとんどない。
合宿をのぞくと日帰りの旅行すら3人以上で行った記憶はない。
基本的に一人か二人。私の行動パターン。

・・・なのですが、11人で伊豆・弓ケ浜へ。ゼミの同じ学年の友人たちと。
温泉にゆったり入ったり飲んだり食べたり食べたり食べたり・・・。
(そういや一度もおなかが減らなかったような)

そして弓ケ浜の海岸へ。
b0061376_1424469.jpg
アイドルの世界から抜け出して来たような友人が期待を裏切らず波と戯れ貝を拾っていたり
そんな絵になる友人を写真集になるといいながら写真を撮っている友人がいたり
終始にぎやか。
きれいな弧を描く浜辺にふさわしいひととき。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-02-09 14:36 | 散策

駄菓子のように

ART@AGNES 2007
b0061376_13432833.gif


神楽坂のホテルで各部屋ごとギャラリーが作品を展示。
主に現代美術。一昨年、昨年と関係者のみの招待イベントだったが、
3年目の今年は一般客にも開放。

そんな展示会に先日行った。
ギャラリーに興味はあってもいかにもお金がなさそうな外見の私には(外見だけでなく実際にないけど)
敷居が高く、入るのにためらうことが多いのだが、
こういうイベントだと楽しめる。

 ホテルの一室が元あった空間とうまく調和するように各ギャラリーの色に、そして作品の色に染まる。
この人の描く絵好きだなー、この絵はあまり好みじゃないかなー、といろいろ眺めていると
羽振りの良さそうな、でも一見普通のおじさん。
「これ、ちょうだい。」
さらりと、15万の小さな小さなオブジェを買って行く。
(そしてそのオブジェのよさが私にはわからない。)
このおじさんと会場内でちょくちょく出くわしたのだが
気に留めたものは即購入している。
友人と私たちとは違う世界だねーでもこういう人がいるから美術界ってなりたっているのかもね、などと話す。

 私たちが、即購入できるようなお店ってなんだろう、とふと考える。
「100円ショップは?」
「いやー、ああは買えないよね。」
「じゃ、駄菓子は?」
「そのくらいの感覚かも!」
おじさんの万単位と私たち学生の10円単位のお買い物が見事に一致。
でも、駄菓子を衝動買いする幸せ、結構すき。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-02-09 13:54 | 散策


ときどき日刊「ひいろ」
綺麗な海がある小さな島で
ロングスカートに裸足で
浜辺を歩きたいなぁ。


友人とのお洋服blog
NYとTOKYOのお洒落事情


自分メモ
実行する。
お部屋作り
髪ツヤツヤ
京都マスター
Tシャツ作り
フランス映画観る


撮りたい。

地面
笑顔

行きたい。
ワタリウム美術館
二十一世紀美術館
屋久島
ガラパゴス

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧