お洒落手帖



カテゴリ:食いしんぼ道場( 98 )


産直野菜

b0061376_2156636.jpg


私が割と料理をするほう、というのを農業をしている親戚が知ったらしく、
わざわざ送って下さいました。
これぞ、産地直送。


立派なキャベツ、空豆、スナップエンドウ、グリンピース、新ジャガイモ、新タマネギ。

早速痛みやすい豆類からいただきました。

b0061376_21574020.jpg


実家で食べる空豆はしっかり加熱したもので
臭いイメージしかなく苦手だったのですが、
加熱しすぎなければとてもおいしい、と数年前に知ったばかり。
この話を同郷の友人にしたら、
うちの実家の空豆もしっかり炊いてて臭くて嫌だったけど
こっち(東京)に来てから好きになったよ、
と言っていました。
空豆の炊き加減、田舎だからしっかりめに、、、なわけないですよね?

そんな空豆ですが、半分は塩ゆでにしてそのままパクパク。
もう半分はスナップエンドウと一緒に豆乳クリームパスタに。

スーパーで買ったものより、外の分厚い皮もしっかり、中の豆もほっこりで
とてもおいしくいただきました。


グリンピースはお豆ご飯に。
少し多めに塩を入れて玄米と一緒に炊き上げました。


旬のものを食べるって至福のひととき。


***********
年末までのんびり更新になりそうな予定です。
(今でも十分のんびりしてますけど。)
それでもたまーに遊びにきていただけると嬉しいです♪
[PR]
by hiroponcafe | 2008-05-22 22:07 | 食いしんぼ道場

春のジェノベーゼ

 送ってもらった木の芽が有り余っていて、
ジェノベーゼにしたらおいしそう、と思った今日の晩ご飯。

 具は何入れたらおいしいかなーと迷っていた時にレイコさんの食卓からを拝見。
こちらではホタルイカ、筍、空豆、と春の味覚満載だったのだけど、
我が家ではホタルイカだけで簡単に。
ちょうど昨日食べた残りがあって、冷蔵庫内で上手くシンクロ。

b0061376_22323079.jpg


ホタルイカの旨味と木の芽の清涼感が何とも言えず。
木の芽を贅沢に使えるのは、自家製ならでは。(といっても祖母宅だけど。)
また、春になったら作ろう。
[PR]
by hiroponcafe | 2008-05-05 22:33 | 食いしんぼ道場

春の味覚集合

b0061376_2345951.jpg


筍ご飯を始め
[PR]
by hiroponcafe | 2008-05-01 00:06 | 食いしんぼ道場

結婚式の二次会運

 先日の我が家の夕飯。

蚫さんと
b0061376_1924538.jpg
サザエさん。
b0061376_19241377.jpg
決して自腹では買わないであろうこんな食材が我が家にあるわけは・・・

彼氏が結婚式の二次会のビンゴかなにかで2等賞を当てて、その景品だったから。
あわびサザエセットと聞いた私は浮き足立ちました。

普段扱わない食材なのでアワビの殻はどうやって外すんだ?と試行錯誤しつつ
殻から身を外していたところ、
それを見ていた彼氏さん。
「俺、そういうの触れない・・・。」
こういうのって、女の子の方がいろいろできるのかしら。
それともおいしいもののためには・・・
色気よりも食い気。
ええ、私のためにあるような言葉ですね。
[PR]
by hiroponcafe | 2008-03-25 19:29 | 食いしんぼ道場

茶碗

 お茶碗が欲しい、常々思っていた。

 お茶碗代わりの器ならもっているのだが、
お茶碗代わりはお茶碗代わりにすぎないということに気づいたのは
このお茶碗に出会ってから。


b0061376_1724460.jpg
女性の中でも小さいと思われる私の手にしっくりくる大きさ、そして軽さ。
毎日使うお茶碗はこうでなきゃ、と。

 本当はもっとモダンなものを探していた。
でも昔ながらのデザインもなかなか素敵だと再発見。
一つ一つ手書きだと思われる朱色の線がなかなかよい。

 高い陶器に手を出すのは無理だけど、
お気に入りの食器に囲まれた食卓はより楽しい生活のために不可欠なもの。
[PR]
by hiroponcafe | 2008-03-22 17:27 | 食いしんぼ道場

カレーとナン。

 友人のお宅でカレーを振る舞ってもらってから我が家でカレーブーム。

b0061376_22201919.jpg

とは言ってもたくさんの材料を買うのは面倒なので適当に家にある材料のみで。
飴色タマネギを作ると、材料の単純さはカバーされるかな。
ちなみに、我が家のナンは薄力粉と強力粉を半分ずつ。
そのおかげか、もちもち。

ナンだけじゃなく、またパン作り開始しようかなーと思う今日この頃。
[PR]
by hiroponcafe | 2008-03-19 22:29 | 食いしんぼ道場

面倒なものは美味

b0061376_22125790.jpg
文旦。
外の分厚い皮といい、中の硬い皮といい、みかんと比べて食べるのが面倒。
が、この上品な酸味についつい心奪われる、放っておけない果物。
我が家では冬のお風呂上がりに喉を潤す素晴らしい果物として
よく食べていたが、他の家庭ではどうなのだろう。
あまりメジャーな果物ではないのかしら。

 いただきます :-)
b0061376_22165376.jpg

[PR]
by hiroponcafe | 2008-02-19 22:18 | 食いしんぼ道場

MARIAGE FRERES

 コーヒーより紅茶が好きです。
コーヒーも好きなのですが、コーヒーのカフェインに少し恐れおののいて
普段家では紅茶。

 日本で紅茶がおいしくいただけるところって
ほとんどないですよね、といっても私が知らないだけかもしれないのですが。

 憧れのマリアージュフレールを初めて来訪。 
b0061376_20383717.jpg
 マリアージュを知ったきっかけは
以前小笠原へ旅行に行った際、宿が同じだった女の子と知り合い、
紅茶のお話になりマリアージュフレールのマルコポーロがおいしいよ、
と教えていただいたのです。
旅行中、しかもフェリーで25時間半もかかる場所で知り合った人から
マルコポーロというお名前を教えていただいたことが、
何かマリアージュに運命を感じたのです。
旅行から帰ってきてからマルコポーロを買おうかなぁと思いながら
いいお値段なので結局そのまま。
でもマリアージュへの憧れはずっと持ったままで、
それを今回果たしたという訳です。

しかし頼んだものはマルコポーロではなく、
ボレロ(BOLÉRO)という地中海の果物や花の爽快な香り漂うフレーバーティ。
少し華やかででも清涼感のあるものを飲みたく、店員さんにお伺いしたところ
BOLÉROをすすめていただきました。
大きめのポットに並々入った紅茶。
それを少しずつティーカップに注ぎながらお話する時間はまた至福の一時です。


 マリアージュにおいてある茶器も素敵なものばかり。
こういう風なものを揃えられる人になりたいなぁと思うばかりです。
まずはマルコポーロ、やっぱり家用に買おうかな。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-11-12 20:45 | 食いしんぼ道場

ie meshi

 最近のご飯。

b0061376_234747.jpg


<左上>
肉なしロールキャベツ。中はキノコ類やら切り干し大根。
ニンジン嫌いなのに彩りのためニンジンを入れ、やはり食べられない。
大人になってのニンジン嫌いってちょっと恥ずかしい・・・。
まだ冷蔵庫にニンジン2本残ってるのですが、
人参嫌いでも食べられる料理ってないですかね?
(嫌いなら買うなって話なのですけど。)

<右上>
 おでん。
大根、こんにゃく、昆布、卵、厚揚げ、ちくわ、砂肝。
私のおでんの具best3は大根、こんにゃく、卵です。
おでんって泳がして加熱した方がいいらしいけど、
欲張って具を入れたのでお鍋の中でぎゅーぎゅーです。

<左下>
大根ステーキ。
下茹で済み大根(おでんにも使用)を醤油とみりんで香ばしく焼く。
冬のおいしい大根ならではのメニュー。

<右下>
ドライフルーツラム酒漬け。
これがどうなるかはまた後日。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-11-06 23:54 | 食いしんぼ道場

秋の味覚

b0061376_21595681.jpg
 小さい頃はあまり好んで食べなかったものが、今となっては御馳走。

 私にとっては、秋のご飯である、秋刀魚やさつまいもご飯かも。
秋刀魚は小骨が何となく嫌だったし、
さつまいもご飯は芋がもさもさしている気がすると言ったような
とるに足らない理由。
b0061376_221213.jpg
この日のお夕飯はさつまいもご飯、
秋刀魚三種(塩焼き、生姜醤油のお刺身、カルパッチョ)、新ごぼうを使ったお味噌汁。
さつまいもご飯は玄米にモチキビを混ぜ込むと、
もち米を使ったかのようなもちもちした感触。
あぁ、おいしい。

秋の味覚を堪能できる、私にとっては大人になったなぁと思うひとときなのです。
そんなメニュー、皆さんにはありませんか。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-10-10 22:05 | 食いしんぼ道場


ときどき日刊「ひいろ」
綺麗な海がある小さな島で
ロングスカートに裸足で
浜辺を歩きたいなぁ。


友人とのお洋服blog
NYとTOKYOのお洒落事情


自分メモ
実行する。
お部屋作り
髪ツヤツヤ
京都マスター
Tシャツ作り
フランス映画観る


撮りたい。

地面
笑顔

行きたい。
ワタリウム美術館
二十一世紀美術館
屋久島
ガラパゴス

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧