お洒落手帖



地球と仲良くしたい。

b0061376_21183530.jpg




私は食べることが好き。
おいしい物を食べると本当に幸せになれる。


私の普段の食卓に並ぶ物はほとんど野菜、たまにお魚、もっと稀にお肉。
食べることが好きだからこそ、食べることで体を害しちゃ楽しくないなぁと思ったのが
一つ目の理由。
そして、もう一つの理由は地球のことを考えて。
例えば、お肉とお野菜を生産するのでは、かかるエネルギーコストが大きく違う。
満腹感を得られる野菜の量と同量のお肉を食べるとすると、
そのお肉にかかっているエネルギーで何倍もの野菜を作ることが出来る。
また、地産地消やフードマイルという言葉があるように、
海外から輸入したものと、国内の近隣地域で作られた物では
やはりかかるエネルギーが違う。
一人一人、特に食べ物に不自由していない国の人が
食べる物に少し気を遣うだけで、
地球の総人口に必要な食料量のための地球負荷が
大幅に減少するのではないのか。
そう考えると、地域で作られたお野菜やお米を食べ、
お肉はたまにの贅沢にするというのが私にとってぴったりな気がしたのだ。


もちろん、お魚は大好きなので頻繁にいただきたいし、
パンやバター、外国産のお洒落な野菜だって食べたい時がある。
外食は大好きでその時は遠慮なくお肉を食べるし、
家に人を招く時はお肉料理の方が見栄えがいい。

でも、これを普通にするのではなく、
贅沢な食べ方をしているんだ、
何でも食べられる日本に感謝しなきゃ、と
噛み締めて食べるのが大切だと私は思っている。


私にとって少しでも地球に優しくなろうと
手っ取り早くできるのが食事だった。
地球のことを考えるのだったら、
必要不可欠な範囲を大幅に越えている洋服やCDだって、
顔を洗う時に大量の汚水を作る化粧品だって、
もちろんダメだろう。
でも、自分が楽しく過ごせないといくら環境に良かろうと
自分を生かせてもらっている地球に対して失礼な気がする。
スーパーに袋を持参することでもいいし、
歯磨きをする時に水を止めることでもいい。
一人でも小さなことでも少しずつ、
生活を考えて行きたい、と思う。


と、ぐだぐだと書いていますが、
この考えに反することもたくさぁーんしているし、
きっとこれからも考え方は二転三転するでしょう。
まぁ、それがあるから人生は楽しいのかな。
[PR]
by hiroponcafe | 2007-11-15 21:44 |
<< 東京は朝の7時 我が家の緑 >>


ときどき日刊「ひいろ」
綺麗な海がある小さな島で
ロングスカートに裸足で
浜辺を歩きたいなぁ。


友人とのお洋服blog
NYとTOKYOのお洒落事情


自分メモ
実行する。
お部屋作り
髪ツヤツヤ
京都マスター
Tシャツ作り
フランス映画観る


撮りたい。

地面
笑顔

行きたい。
ワタリウム美術館
二十一世紀美術館
屋久島
ガラパゴス

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧