お洒落手帖



浴衣

b0061376_0355235.gif
 今日はこの数ヶ月で一番はしゃいだ時間を過ごした。女の子っていいわね、幸せだわね。そのわけは・・・



 今年はバーゲンも見て見ぬ振り、買わずに耐え忍んだ。(行っていないだけだけど。)その理由。浴衣が欲しいから。

 浴衣、物心ついてから自分のものを持ったことがなかった私。昨年、人に借りて初めて着たくらい。大学生最後の今年こそは自分のものが欲しい。なら買おうじゃないか!と妙に張り切って、浴衣と言えばマルイ、に友人とともに乗り込む。

 早くもおばちゃん化してる友人。ひたすら私の顔に合わせては、「あ、これいいねー」だの、「これ微妙かも」だの、選んでくれている。

 一着目試着したのは淡いパープルと淡いピンク地の朝顔の柄のもの。女の子らしくてかわい!そして何より今年らしかった。最近の浴衣は日々進化してるのね!

 次に試着したのは、私がやけに柄が気になっていたもの。友人には「ちょっと老けて見えるんじゃない?」と言われつつ着て見ると、意外と似合う。(←自分で言っているあたりがなんとも・・・)これなら長く着られそうだし、顔写りがいいのが嬉しい。黄色の帯とオレンジの帯締めででアクセントを。試着した際はその上に白の兵児帯を。フワフワの蝶々が若々しさを演出していて友人と二人でかわいいを連発。が、さすがに浴衣本体と普通の帯などを購入する関係で、兵児帯は予算オーバーのため買えず。兵児帯は来年に持ち越しだ!

 浴衣を購入する際、もちろん浴衣だけじゃなく他の様々な小物もだんだん欲しくなってきて、商売がうまいなーとつくづく思うのだが、年々少しずつ自分の欲しい物を足して行くのもまた楽しみでいいなーと女の子でよかったと思ったひと時だった。(私たち、待ち合わせからなんと2時間以内に移動やら浴衣選びやらすべてすませたというスピーディーさ!)

 さて、本日カメラマンも努めてくれたiさん、いつもの三人で今年もでかけなきゃね?

[PR]
by hiroponcafe | 2006-07-18 00:47 | おされ
<< 書く いつも 一緒 >>


ときどき日刊「ひいろ」
綺麗な海がある小さな島で
ロングスカートに裸足で
浜辺を歩きたいなぁ。


友人とのお洋服blog
NYとTOKYOのお洒落事情


自分メモ
実行する。
お部屋作り
髪ツヤツヤ
京都マスター
Tシャツ作り
フランス映画観る


撮りたい。

地面
笑顔

行きたい。
ワタリウム美術館
二十一世紀美術館
屋久島
ガラパゴス

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧