お洒落手帖



藤田嗣治展 東京国立近代美術館

b0061376_115385.gif
藤田嗣治。好きな画家のうちの一人だ。彼の人生について書いた文庫本まで持っている。
 彼のエピソードは色々書きたいのだが、そんなエピソードより絵を見た方がいいと思う。
百聞は一見にしかず、だ。

 藤田の絵が見られる機会が今、東京国立近代美術館で開かれている藤田嗣治展。今まで日本では公開されていなかった絵画がたくさん。藤田が書く油絵は油絵だと思えないくらいとても繊細で、綺麗な乳白色をだすのだが、実際の絵に触れてわかる透明感に鳥肌が立つ。

 藤田を好きになったきっかけは近代美術館のガイドを聞いてから。無料のガイド(確か毎日やっているはず)なのだが、藤田の絵をとりあつかってお話をしてくれ、それから彼の虜なのだ。人との出会いも絵画との出会いも一期一会だね。

 
 会期は来週の月曜まで。この一週間は多分すっごーく混んでいると思います。日本を追い出されたような形になった藤田も天国で少しは喜んでいることを願って。

[PR]
by hiroponcafe | 2006-05-17 01:12 | 散策
<< わたしのおねえちゃん tappp! >>


ときどき日刊「ひいろ」
綺麗な海がある小さな島で
ロングスカートに裸足で
浜辺を歩きたいなぁ。


友人とのお洋服blog
NYとTOKYOのお洒落事情


自分メモ
実行する。
お部屋作り
髪ツヤツヤ
京都マスター
Tシャツ作り
フランス映画観る


撮りたい。

地面
笑顔

行きたい。
ワタリウム美術館
二十一世紀美術館
屋久島
ガラパゴス

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧