お洒落手帖



図書館の中の三冊

b0061376_20305432.gif

私は本を読まないわけではない。ただ、ものすごく波があって毎日文庫本3〜5冊ずつ読む時期もあるし、下手すると一年くらいまともに読書の時間を設けない時もある。
多分、読書には多くの時間がかかるからだろう。私は電車の中で10分ずつ、とか「少しずつ読む」ということが出来ない人で、一度読み始めると長編でない限り最後まで読まないと寝られないのだ。

大学生になってからは時間は有り余るほどあるので、割と読んでいる方だろう。
先日、図書館でこの三冊を借りた。現代の人気作家の中で好きなお二人。江國香織と村上春樹。江國香織は特にエッセイが好きで、彼女の言葉の中にどっぷり浸かっている時間はたまらない。「こうばしい日々」も題名から想像通りの期待を裏切らない作品。村上春樹のエッセイも好き。遠い太鼓はヨーロッパ滞在記であるし、今回のやがて哀しき外国語もよかった。そして地下鉄サリン事件の被害者の方のインタビューを綴った「アンダーグラウンド」。うまく感想は書けないので、読んでみて欲しいと思う。

いろいろな本がただで借りられちゃう、夢のような場所、図書館。
暇だけどお金がない時に(暇とお金がない、は常に同時に存在している気がするが。)どうぞ。

[PR]
by hiroponcafe | 2005-10-15 20:44 |
<< おやこ丼 改め おい丼 ついに完成? >>


ときどき日刊「ひいろ」
綺麗な海がある小さな島で
ロングスカートに裸足で
浜辺を歩きたいなぁ。


友人とのお洋服blog
NYとTOKYOのお洒落事情


自分メモ
実行する。
お部屋作り
髪ツヤツヤ
京都マスター
Tシャツ作り
フランス映画観る


撮りたい。

地面
笑顔

行きたい。
ワタリウム美術館
二十一世紀美術館
屋久島
ガラパゴス

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧