お洒落手帖



哀愁の中の花火

b0061376_22272760.gif電車に乗っていると浴衣姿の人をちらほら見かける。今日は家の近くの花火大会なんだ、と気づくと同時に窓から綺麗な花火が。前の座席に座っている子ども達は大はしゃぎ。
私は花火大会には行ったことがない。実家の近くで花火が上がっていたため部屋から見れたからと言う理由もあるのだが、東京に来てからは人ごみが嫌だなぁと思いつつ延ばし延ばしに。一緒に行く人がいないというのも大きいのだけれども。
実家の、自分の部屋から見ていた花火は夏の終わりで、これでこの夏も終わるんだ、と毎年しみじみなっていた。だから私にとって花火は少し寂しいきらびやかさと感じられるのだ。

[PR]
by hiroponcafe | 2005-07-23 22:34 | 散策
<< 似顔絵 料理が出来ない人=要領の悪い人? >>


ときどき日刊「ひいろ」
綺麗な海がある小さな島で
ロングスカートに裸足で
浜辺を歩きたいなぁ。


友人とのお洋服blog
NYとTOKYOのお洒落事情


自分メモ
実行する。
お部屋作り
髪ツヤツヤ
京都マスター
Tシャツ作り
フランス映画観る


撮りたい。

地面
笑顔

行きたい。
ワタリウム美術館
二十一世紀美術館
屋久島
ガラパゴス

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧