お洒落手帖



拝啓 小泉先生

b0061376_179963.gif初めまして小泉先生。私、小学生時代から先生のファンなのです。その当時、日経新聞はコラムしか興味がなかった私は週に一度、先生のコラムである「食あれば楽あり」の題字を発見すると嬉しく思ったものです。この小さな新聞のコラム欄にぎゅっと詰め込まれている先生の食に対する大きな大きな愛情や執着を感じずにはいられましょうか、いやいられません。文章を読んでいくうちに、口の中は唾液でいっぱいになり、お腹はぎゅるっと鳴りだします。そしてその当時の私は必ず親に「小泉先生、今日もおいしそうに書いてるよ〜」と報告するのです。そんな私もはや二十歳。小泉先生の厨房である食魔亭には到底及びませんが、食に対する愛情を忘れてはいけないと思う今日この頃なのでございます。

「食あれば楽あり」
東京農業大学の教授である小泉武夫氏が書いているコラム。本当においしそうにおいしそうに文章を書く方だ。料理もうまくなりたいけど、あんなふうにおいしそうな文章もかけるといいなぁ。

[PR]
by hiroponcafe | 2005-04-17 17:18 | 食いしんぼ道場
<< てん、 各国のLipton >>


ときどき日刊「ひいろ」
綺麗な海がある小さな島で
ロングスカートに裸足で
浜辺を歩きたいなぁ。


友人とのお洋服blog
NYとTOKYOのお洒落事情


自分メモ
実行する。
お部屋作り
髪ツヤツヤ
京都マスター
Tシャツ作り
フランス映画観る


撮りたい。

地面
笑顔

行きたい。
ワタリウム美術館
二十一世紀美術館
屋久島
ガラパゴス

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧