お洒落手帖



パリ3

b0061376_23164077.gif
芸術の都といわれるパリ。確かにその通りだった。パリの美術館は常設展示がこんなにあっていいのかと思うほど、有名な作品がたくさんある。そのなかでもピカソ美術館は一番のお気に入りだった。ピカソ美術館は有名な作品ばかりというよりむしろ素描などが多いのだが、ピカソのお茶目さにやられる。行動がかわいすぎるピカソ。一気に大好きになる。スペインに行くのが楽しみ。
パリでは他に友人の引っ越しに立ち会った。見知らぬ土地での家探し、手続き、本当に大変そうだった。写真右が彼女の部屋。写真左が古いエレベーター。最近の日本のエレベーターとは比べ物にならない。パリのアパートは家具付きがほとんどで、引っ越したその日から住める。でも、自分の気に入らないインテリアだったりしたらちょっと大変。彼女は早速ベッドカバーを変えていた。アメリの舞台にもなったモンマルトルに彼女は住んでいる。おいしいパン屋さんが近くにあるのがうらやましい。パリ最後の夜、モンマルトルの夜景がとても綺麗だったことを思い出す。そして「彼氏と来たいね〜」と言ったことも・・・。
8月22日朝、彼女の家を出てドイツへ向かう。ドイツまでは車。なぜかというと知り合いになったドイツ人が家に泊めてくれると言うから。どんなことになるのか不安で仕方ないパリ出発だった。
b0061376_23275842.gif
                次はドイツ。
[PR]
by hiroponcafe | 2005-01-31 23:27 | 旅 2004ヨーロッパ
<< 今日でやっと・・・ おやすみ〜の香り >>


ときどき日刊「ひいろ」
綺麗な海がある小さな島で
ロングスカートに裸足で
浜辺を歩きたいなぁ。


友人とのお洋服blog
NYとTOKYOのお洒落事情


自分メモ
実行する。
お部屋作り
髪ツヤツヤ
京都マスター
Tシャツ作り
フランス映画観る


撮りたい。

地面
笑顔

行きたい。
ワタリウム美術館
二十一世紀美術館
屋久島
ガラパゴス

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧